当時のリアル裏事情☆暴露ネタ
MINTについて

2002年当時、MINTは、スカウトによって、ユニバーサルミュージックからのメジャーデビューが決定。
新規レーベル"Vortex Records"とアーティスト契約を結び、所属という形をとって、デビュー準備を進めながら活動する事となる。

また、ユニットプロデューサーであった「tatsuya-A」が、元々音楽業界企業にてレコーディングエンジニアやディレクター等の業務経歴があった為、所属レーベル側の意向もあって、MINT専属プロデューサーという立場も兼任する事となり、MINTは、自分達で自由にプロデュース出来るスタイルでデビュー準備を進めていました。

しかし、所属レーベルの提携先である制作兼発売元企業と、所属レーベル側の方針等の違いがあり、後々、双方の意見の相違やシステムの食い違い等が重なって、それによりMINTと制作側でも確執問題が発生していく流れになる。
また、tatsuya-Aがアーティストと裏方役職業務を両立した体制と言った立場上、プロデューサーとしての原盤権利や労働対価等に対する利害問題が出てきた事も決めてとなり、所属レーベルと話し合いの元、所属契約を破棄して貰う事を選択した。

(※後付け。
tatsuya-Aこと元旦那と私MIRAIは当時夫婦関係でありましたが、イメージ的な事や仕事の分別といった事を考える上で、表上では夫婦である事を隠して活動していました。その為、当時はサイト上や活動に関わる場所では詳しい説明は出来ませんでしたが、上記の流れについては、家庭としての生活的な問題をも同時に抱えながら進めていた為、そういう立場から様々な事を思案した上で、出していった結果でもありました。)


その後、一年程、MINTは更なる地固めをする為の充電期間が続き、その間、自分達の状況にあった形での様々な活動方法や販売戦略を考えた末、tatsuya-Aの音楽業務を兼ねた形での独立を決意する。

そして、2004年、tatsuya-Aこと元旦那を中心とし、二人でレコード会社「FUTURE SURROUND RECORDS 」を設立。
インディーズ全国流通企業との業務委託提携から始まり、後には大手某メジャー企業と「MINT」の流通を前提にした形での流通提携をした事で、レーベルとしては、メジャー・インディーズ流通共に揃えた形での全国流通販売網を確保する。
更に、事業資金により独自に音楽製作スタジオを儲けた事で、音楽レーベル事業、音楽制作事業、原盤製作・プレス事業、自社を発売元とした各音楽ソフトの全国流通販売事業を展開した。

(私自身は、その中で、企画・A&R・WEB制作管理等の役割を担当し、事業に関する事を手伝っていました。)

「MINT」に関しては「社内レーベルの所属アーティスト」と言う形をとり、その他、アーティストのプロデュースや原盤製作・商品流通等を請け負う業務等も同時進行する合間に、自分達の音楽活動は独自ペースでやっていくという状況を手に入れ、自分達のデビュー準備も着々と進めていたわけである。

...しかし、2005年10月5日。
音楽事業共に、一切の音楽活動が実質的に不可能となる災難に見舞われ、その日を境に、アーティストと音楽方面の道を断念せざるおえない結果となりました。

(※"災難"については 過去に書いたエッセイ集 の「2005年に起きた人生最大の波乱」にて暴露しています。 )

MINTのサイトは2006年まで残っていましたが、その出来事で、一年近くPCに接続出来ない状態が続いた為、全て消滅。

(※ロリポップでしたが、ここはネットからの入金や連絡を主としていて、更に電話番号等の詳細もネットから調べないと解らない状態だった為、事が落ち着き、やっと連絡出来た時にはすでに消されている状況でした。)

また音楽機材含め、音源データ等も、その災難によって全て消失してしまった為、WEB遺産もわずかとなっています。

★チェック