当時のリアル裏事情☆暴露ネタ

人生経歴



幼少時代

...東京で生まれ、弟と二人兄弟、父母共に東京の目黒にて育つ。

...今思えば裕福な家庭で育っていたと思う。
小さい頃はバレェだのピアノだのの習い事もしていたし、金がかかると有名な劇団ひまわりに所属して子役で映画にも出ていたりした事もあった。
[※アルバム/幼少時代]


小学校5年の時に両親が離婚。
その後から、アタシは弟と共に母親の実家である神奈川の祖父祖母の元で育つ。
(※父は婿養子。父とはその後からの接触はありません。)

そこは祖父が一代で築き上げた会社グループの中、重役は親族で固めているといった事業家系でした。
本家も会社に密接した場所にあり、親族が同じ敷地内に住んでいたり、親類も通常より身近な関係にあると言うような環境。
裕福ではあるけど、家庭というより会社意識の強い環境で、祖父を絶対権力とした、まさに一家長制度的な在り方の男性優位思想である家系でした。

父と母が離婚後、母が離婚以前に付き合っていた男性と失踪。
(当時はまだ幼かった為、母は病気で入院していると周りに言われていた。)

ちなみに父母は、結婚当初は二人で本家にいて、父親が重役につき、祖父の会社に勤めていたらしい。
母は昔から、祖父の過干渉や厳しさが嫌で嫌でたまらず、また父も祖父のそばで肩身の狭いを思いをした為、後に東京目黒にある営業所の方へ父が赴任する形で、東京へ移り住んでいたようです。
こういった経路や「祖父から離れたい」という母の思いは、母が死んだ後に出てきた日記にて私は流れを知りました。

母が父と結婚したのも、恐らく自分が家を出たい一心もあった...と周りからも聞かされた。
だからこそ離婚後も、祖父の元にはもう戻りたくないという思いがある為、また別の男性に頼り失踪したというわけです。
(自分も似たような経路を辿ってるんで気持ちは解る...^^;)

その後は、祖父祖母がアタシの保護者となり育てられる。
しかし、後々アタシ自身も母と同じように「独裁的で横暴な祖父」と「祖父に絶対逆らえない家系環境」に疑問と不満と反発心を大いに感じていく事になるわけです。

祖父と私の確執、そして家系の中の人間関係や、祖父が亡くなるまでの流れは以下にて綴っています。
[※ブログ/祖父の事〜金のある家の裏話]


10代

アタシは祖父に牙を向き始め14歳の頃から非行化。
警察や青少年センター等に何度も厄介になり「会社の看板が」と怒りまくる祖父と取っ組み合いまでして衝突しまくっていた。
(世間の方々、当時はご迷惑おかけしました〜(-▽-)...でももう時効よねw ←ぉいw)

13歳の頃、突然、失踪していた母親が本家に帰って来る。
裕福でお嬢様だった母は、相手の男性に騙され結婚詐欺にあい、持っていた財産を無くし無一文で祖父の元に戻ってきた。

その心労からか、すでに病気を患っていたらしく、アタシが中2の頃、母は肺癌で亡くなる。(母38歳)

その後も、アタシの非行はますます拍車がかかる。
中3になってからは毎日仲間とフラフラと遊びまわり、殆ど学校には行ってなかった為、出席日数が足りず卒業が危ういと言われ(中学もそうなのか?^^;)、「いるかいないか解らないと出席がつけられない。だから先生に顔見せるだけでいいから学校来い」と先生達に言われてました^^;
まぁ、それでもマトモにそうした覚えもないですが^^;
当然、勉強なんかしてなかったので、マトモな高校進学は無理との事で、周りの先生達や祖母等の計らいで、東京の美容専門学校(マックスファクターなんちゃらとか言ったような)に行く前提になり願書を取り寄せたりしてたが、突然アタシは働くと言い出して、それを蹴ってしまうw

...とにかく祖父が嫌で、自立して早く家を出たかった。

そして中学卒業後。
16歳になった途端家を飛び出し、当時のヤンキーの彼氏(17歳)と同棲しました。

同棲してたアパートは族仲間のたまり場になり、薬物だの暴走行為だのの関係で近所から通報されまくり、果てには警察にマークされていた。
アタシが未成年で保護者の元にいない状態である事により警察からの逮捕状が出て、果てには祖父の差し金により、人使って裏で手を回され家に連れ戻されるw

その後、それでも懲りずにアタシは何度も家出を繰り返す。
しかし、そのたび祖父の一声で周りに連れ戻されたり、祖父と争ったりと確執は続いた。

そして、17歳の頃にまた当時の彼氏と同棲。
やはりそこは族仲間のたまり場となって、やっている事は前と余り変わらなかったが^^;以前より賢くはなっているので警察に捕まったり通報なんかもされないようにやっていた亊で、表向きには問題は起こさず過ごしてましたw
ただ、祖父祖母の住む同じ地元の為、近場にいる亊により、結局は完全に祖父の干渉から離れられたわけではありませんでしたが。
(そんでもヤンキーって友達同士の輪があるから、結局地元からは離れたくないのよねw(-▽-)

当時の仕事はお水。
更に、18歳で車の免許をとった後には、自身もシャコタンに乗り出し、後には族のレディース(月下美人と言うw)立ち上げて頭までやってたという始末w

20代

20代前後くらいには、アタシが成人したからか、祖父の干渉も殆どなくなり祖父とは関わる亊もさほどなくなっていた。(そりゃ悪い事見つかった時は怒られたりはしたけどもw)

この頃は、私と祖母の方の関係は良好で、何でも話したりすごく仲がよかった。
なので、祖父の干渉がなくなった事で、アタシもたまには本家に帰って来て生活してた時期もありました。

当時は、さほど悪行はしてませんでしたが(さほど?w)、仕事は相変わらず水商売で、お水仲間や元ヤン仲間達と毎日朝まで飲み歩いたり、ナンパされてクラブ行って踊りまくってたりと、毎日プラプラと遊びまわっていた感じでしたw
その頃はピタピタのボディコン着た女達がお立ち台の上で羽のついたセンス振りまわしてテクノ踊ってるよーな時代。
(つまりヤンキーからボディコン女へ変化したw)

20代前半は、なーんにも先の事なんて考えず楽しい事だけ求め、チャラチャラした日々を送っていました。


そして、20代のある時期、とうとう優しかった祖母が亡くなる。

1995年〜

この頃、だんだんとその場所での自分の在り方に矛盾や疑問を感じ始めていていた。
元ヤン仲間に囲まれた友達繋がりだけの環境、その世界の中で先の未来も何も考えず、毎日飲んだくれ、遊びほうけその日暮らしの日々...そんな自分の生き方に矛盾を感じてきて何をしてもおもしろくなくなっていた...
つまり、それまでの自分の視野の狭さに気がつきはじめたわけです。

そして祖母がなくなった事もきっかけになり亡き祖母の資産を元手に、大勢の遊び仲間がいた地元を突然去って、故郷でもある東京に行き新生活を始める。

1996年頃〜

東京・目黒にて、マンションを借り一人暮らしをはじめる。
最初は、お水やったりナンパされた男とクラブ行って遊んでたりと、地元にいる頃と相変わらずな行動もありました(汗)
やがて、今までとは生き方と価値観が180度変わっていき、アタシにとって第2の人生が開けていったわけです。
(※この頃に隠れたオタクの性分を発揮しはじめ、PCにハマって色んな事を詰め込みました。WEB履歴参照)

東京に出る前、音楽に興味を持っていった流れもあり、プロ志向のインディーズバンドにてヴォーカルとして誘われ、初めてのバンド活動を経験。

そして、それからは本格的に音楽の道に走る。

この頃、元旦那と出会い、同棲を始めました。
(元旦那も、元々ビジュアル系インディーズバンドで活動していたバンドマン)
その間、色々あってそれまでやっていたバンドを辞めてしまったりと色々ありましたが、後には元旦那と一緒に音楽活動をする流れになります。
(※音楽活動含め、それまでの細かな活動経歴については、WEB履歴やブログ等を参照)

2000年〜

祖父が脳梗塞で亡くなる。
祖父とは本当に色々ありました。そのへんも全て以下で綴っています。
[※ブログ/祖父の事〜金のある家の裏話]

2002年〜

元旦那と共にやっていたユニットでメジャーライン到達。
ユニバーサルミュージック傘下レーベルに所属し、アーティスト所属契約を結ぶ。

元々、元旦那が、音楽業界企業にてレコーディングエンジニアやディレクター等の業務経歴があった為、自ユニット専属プロデューサーとしても兼任する形でデビュー準備を進めていました。

しかし、所属レーベルとの提携先(制作兼発売元企業)との方針の違いがある事で、提携先企業の担当者と確執問題が発生し、また所属レーベル側と提携先の契約時の事情で、元旦那がプロデューサー業務を兼任してる上での原盤権利や労働対価等が出ない事が決めてとなり、そのレーベルからのデビューを辞退し、所属契約を無効にして貰う流れに。


▼この辺の話の業界裏話を兼ねた詳細


音楽業界は、別企業同士が絡み合って成り立っている業界な為、提携先企業とはいえアーティストとは絡みが出てきます。
なので、所属したレーベルとそこに絡む提携企業との価値感や方針等の違いがある事で、提携先の人間がユニットのやり方に上から姿勢でゴチャゴチャ口出しして来て色々ややこしくなってた事がさんざんあったわけです。

提携先企業というのは元々、貸スタジオ業務を主とする企業だったんですが、(ユニバーサルへの)メジャー流通もしていました。
つまり、所属レーベルは、所属アーティスト作品の流通と商品制作を提携企業に依頼している...といった形態でした。
しかしあくまでも、ユニットの商品は「発売・販売元:所属レーベル」となる形。

この意味が解る人なら解ると思うけど、所属レーベルはちゃんと毎度正規料金払って提携企業に音源制作の依頼をするって関係で、流通に関しても所属レーベルのアーティストに対し、提携企業の権利があるわけじゃない。
だから、売り方等に色々ああだこうだと上から姿勢でクチ出される筋合いは全くないわけです。

そういった事は、所属後、様々な事に疑問を抱いていった過程の上で所属レーベルの社長に、そりゃもう色々突っ込んで聞きました^^;
社長の話によると提携先企業との流通契約時に、ユニバーサルへの商品流通委託契約として支払った契約金が...ウン百万と、まぁ、かなり、色々知るあたしらからすればアコギだと思う金額で...^^;
だからこそ社長も「だから、私が権利を100%買い取ってるんだから、向こうが色々言ってくるのは筋違いだし無視して」とも言ってました。

で、しぶしぶ我慢しつつ続けて行こうとは思ってたんですが、しかしその後の流れで社長に、元旦那の兼任プロデューサー業務の件で報酬を確認した時、"提携先との契約の上で資金を使っているから労働対価も原盤権利のロイヤリティに関しては出せない"...という話が。
(しかもその前にも、元旦那が、別の所属アーティストの曲のサウンドプロデューサーも出来高制という形で頼まれたりしていた。大体デビュー前にそんな事いくつも兼任していたら、時間がいくらあっても足りないのでやらないと断ってたけど。)

独自プロデュースという形態は、ある意味、社長ともデビュー資金の直接交渉が出来、自由度もある形ではありましたが、アーティスト活動以外の様々な業務まで兼任するという事は、元旦那は普通にバイトさえ出来る時間もなくなるわけです。
(メジャーとは言え、まだ売れてない無名アーティストですから。)
当時、元旦那とは結婚して生活してるわけですし、その間、収入が全くないと困るのは当然。
しかもそれだけの事しなきゃいけないんだったら、企業が手間や経費をかけないかわりにロイヤリティのいいインディーズの方が割がいいんじゃねぇかとも思ったし、あるいは、インディーズ流通くらいなら自分達で持てそうだから、自分でレーベル立ち上げてやった方がよくねぇか?という結論に至り、それで辞めたという流れでした。
(そもそも、メジャー狙ってたのは宣伝費用などの資金面の投資があるって部分だったので。)

ただ、誤解のないよう書いておきますが、所属レーベルの社長さんというのは、私と歳が近い、まだ若い女性の社長さんで、アーティストの立場も理解してくれる、経営者としては誠実な方の人でした。
あたしらも業界のしくみを下手に解っているだけに、ワァワァとうるさい事言って突っ込んでいきましたが、それでもキチンと向き合って毎度時間を作って話を聞いてくれてましたし、私とは同世代だけに、女性同士のぶっちゃけ話みたいなのでも盛り上がったり、打ち合わせといっても途中からガールズトーク化してた時もあった^^;
(ちょっと話題の中身は一般女性とは違うけどw)
なので、友達感覚で互いに協力しあって仕事してるという感じでしたね^^;

だから突っ込めば「実は^^;」という感じで、具体的に細かく色々な事は正直に話してくれたわけです^^;
(そうは言ってもビジネスですから利害が絡む関係、互いに譲れない所はあるので、そこはちゃんと話し合ってた感じ)
また、ユニットのデビュー資金の方も、いい条件で出してくれると言う話になっていて(PVもお金をかけてくれる、レコーディングもオーケストラ生演奏等も頼んでくれるという話だった)、進めるスピードも無理しない範囲で、時間かかってもいいからという話で、色々事情に合わせて考慮してくれると言う姿勢だった。

だから実際は、元旦那の労働対価がないという事でも、無理せず独自ペースでのんびりやっていく...という方向も選択出来たんですけどね。

ただ、やはり一番の原因は、そこと絡む提携先が....って事だった。
結局、直接ユニバーサルに流通してるのは提携先なので(要は、提携先企業はメジャーレコード会社への流通をあちこちに又貸し契約する商売もしてるわけです)、完全に関係ないとは言い切れないわけです。
ま、提携先企業も、従業員に自腹でレーベルを立てさせてアーティストの商品流通しているんですが、なんだかそこのアーティストの扱い見てると、潰す様なやり方してる所だと思ったので....

...まぁ、一般社会でいう所のブラックの匂いがぷんぷんしていたという事ですわ^^;
なので、いくらそっちに所属しているわけではないとは言っても、そういう企業の下にいると伸びない気がしたのでね。

ちなみに所属レーベル側の社長さんは、すでにデジタルコンテンツ制作の会社をメインにしてる人なので資金がある人でしたが、音楽業界には新規参入で、あまり業界の中のしくみが解ってなかったわけです。
(ぶっちゃけ元旦那やあたしの方が詳しかった^^;だからやりやすいのもあったけど^^;)
だから、元々、そういう企業のアコギっぽい契約話にものっちゃったんだと...^^;

そもそも提携企業の人間というのが、途中からは、あたしらに「所属レーベルの社長は業界の事何も解ってないから、自分とMINTさんで手を組んでいいように言っていけば、あの人どんどん金出しますよw」とか「もしだったら自分の権限でうちのスタジオもMINTさんの練習で使わせてあげますよw」とか、いい事言って色々吹き込んでましたからね。
元旦那はバカだから一時そこに乗っかっていこうとしたけど、アタシは「たしかに音楽業界の事よく解ってない人より、あっちと手組んだ方が物事がスムーズだし合理的かもしれないけど。でも、アタシはあそこの企業の在り方は嫌い、あいつも大っ嫌い。キミだって損得抜きに人間で見たらどっちの方を選ぶ? 大体、自分達の所属した所の社長裏切って、そんな事やってると絶対自分達もロクな事にならないよ」といって元旦那の洗脳といたわ・・・ったく。

で、あたし達が所属を辞めた後、社長も音楽業界はもう懲りたと言っていて、レーベル業の方は辞めてしまいました。
アタシも今はもうあの業界はコリゴリだわ。
ホント音楽業界アコギたくさんありますから...。業界のしくみ解ってないと足元見られるからねw)

たたむ


2003年〜

元旦那と籍を入れ、同時に東京都町田市へ引っ越しました。

籍を入れたのは、音楽を続ける為でもありました。
つまり、一般の中での普通の結婚の概念とは、アタシの場合は大分違っていた結婚でした。

メジャーデビュー辞退の件では、ある意味「音楽業界も不景気の波に飲み込まれている」と言うのを実感したようなもので、それと同時に「自分達の生活」と言う現実問題にぶち当たりました。

まぁ、単純に言えば「夢の成功」までには「金」というものが絶対的にかかっていくわけです。
デカい夢程に莫大な金がね...^^;

特にメジャーとインディーズの狭間ラインの音楽業界では、いわゆる「体育会系」の匂いがぷんぷんしています...。
その中で、むやみに「その世界でのビジネス論」を持って干渉され、自分達の生活を崩される事にならない為には「結婚=夫婦と言った社会的信頼が置かれている関係」を持つ亊が、ある意味、外部に軽視されないようにする為の「守り」になると思ったからです。

ただ、結婚はしたものの、音楽方面の事で二人して低迷し、道が途絶えたような挫折感の中にいて、業界の様々な事を更に調べたり、手探りで試行錯誤しまくっていました。

この時期はユニットの充電期間を兼ねて、その後、起業する為の勉強期間とも言える時期だったと思います。

2004年〜

悩んだ挙句、アーティストを続けながら、自社レーベルを立ち上げ、音楽事業を始めるという選択に至る。
そして元旦那を中心とし、二人でレコード会社を設立しました。


きっかけは自分達のユニットの実績と音源をプロモーションした上で、インディーズとメジャー双方からの全国流販売網を確保出来た事でした。

その後は商工会に相談しながら、銀行から事業融資をしてもらい、個人事業ながらにもキチンと事業登録を行った上で、徐々に練り固めて構築していった感じです。

融資を使い、独自に音楽製作スタジオ自社スタジオ設備を整えた事で「音楽レーベル事業、音楽制作事業、原盤製作・プレス事業、自社を発売元とした各音楽ソフトの全国流通販売事業」といった事業内容を展開しました。

少しずつゆっくりと運営も周り始めて、他アーティストのプロデュースや原盤製作・他アーティストのインディーズ商品流通業務を請け負いながら、また、自分達のユニットはメジャーからの商品流通審査が通っていた為、自社からのメジャーデビュー準備を進めていました。


...この頃のアタシは、思考がアーティストというより、完全に企業思考に傾いていて、ただ野心の真っ只中といった感じでした^^;
家系の血のせいか、寝ても覚めても戦略を考えていて、始終カリカリキリキリしてましたね・・・もはや女ではなかったw

たしかに金銭的には小規模ながらに、チャンスは次々と到来し、時間はかかりながらも、少しずつ色んな事が進んでいました。
アタシ自身、以前の人生は完全に捨て、当時の自分を全否定して、ただ成功像を描き続け、今の自分は前向きに生きているんだという充実感はありましたが...色々と常に苦痛を感じていました。

今思えば、肩に力が入りすぎて、気持ちの上ではその業界の中の風に流されていて、何かを見失いがちであったとも言えます....。


2005年〜

ある災難により、長年積み重ねてきたもの、全てが崩れ去る。
それにより、アーティスト活動も事業も東京での生活も全て断念せざるおえない形で終結となりました。

...今までの人生最大の波乱の時期とも言えます。
アタシ自身、まさに「魔がさした」と言いかねない出来事でした。
(※あまり大きな声では言えない事なので「災難」については昔のコラムに書いてます...なんだろう?と気になる方はどぞw)

....残されたものは、事業借金のみ。
一千万行く程の多額ではなかったのが不幸中の幸いでしたが。
ただ、長年に渡り音楽機材等の数百万の投資をしてきただけに、音楽業界への復帰はもう無理で「人並みの生活基盤の修復」という目標だけでせいいっぱいでした。

その後は、神奈川の地元に元旦那と一緒に戻り、1から生活基盤の立て直し。
自分の力で手に入れたもの、何もかもを失い、生きる気力をも失うというのはまさにこの事だと。
いい加減に生きた後、一生懸命、前向きに頑張って、やっと見つけた「生きがい」と言えるものだっただけに、打撃は相当なものでした。

...いや、この頃は一番きつかった。
...完全に吹っ切るまで数年...長い時間がかかりましたねぇ...
長い間、こんなふうに語れない所か、人にも話したくなかったし、音楽を聞くのも見るのも嫌だった。


その間、様々な事を考え続けていたけど、結局は「諦め」という事を学んだのかもしれない...と今では思います。


2007年〜

完全に音楽業界から遠のき、元旦那も一般社会でコツコツと働き出し始め、暮らしも落ち着いていった。
後に、元旦那は某有名大手企業に就職出来ました。


...まぁ、なんだかんだと運がいいかもしれない...とその頃はまた少し希望が湧いて喜んでいましたが。
...実は、すでに事業を始めた頃から、家庭問題的な部分で夫婦関係にはかなり亀裂は入ってきていて(どちらかというとアタシの方の気持ちがですが^^;)その頃には、もう修復不可能な状態にまでなっていた。


2010年〜

...この年1月。
色々あって、元旦那と離婚。

まぁ、穏やかな離婚ではなかったので、またまたこの時期も波乱でしたが^^;
裏側の話は、以下で色々と書いていますw
[※ブログ/離婚の裏話]


そして現在...

...このような人生を経てきて、波乱多過ぎの人生にコリゴリしたのか、
もういい加減静かにしていたいらしく、現在は案外平和に、
そして、完全に肩の力抜いて、自由に適当に生きてますw

過去の事を振り返り、軽く語れるようになった現在のアタシがつくづく思うのは。。。
カタガキとかテッペンとかそんなものより、平和でいられる「普通」が一番幸せなのかもしれないって亊^^;

...まぁ、それでも未だ能天気は治らない懲りない女ですがw
でも、人生何があってもどんな状況でも、それを楽しんで生きるに限るw(-▽-)
それが出来る人がホントの意味での勝ち組なのかもしれないなと。。。
アタシはつくづくそう思うんですわw

今後もまたブログにて、今までの人生を振り返った裏話等、書きなぐる事もあるかと思いますので...
最後まで読んでくれた重い話が大好きなそこの貴方w
ブログの方もまた是非覗いてみて下さいネw


★チェック