★チェック ☆擬似フレームレース左
★みらいばなぁ
 

●このページへ直接来た方へ - ご注意 -
ここは「ネト充@みらい」の個人プライベートブログであり、ホステスとしてのブログではありません。
ブログ内はテーマ別にカテゴリ分けしており、ここはその中の「ホステス復活日記」カテゴリ内記事です。
内容は、現在副業的にやっているホステスの仕事について、プライベート視点で本音ブチかましつつストレス解消&考察してる趣向の為w、現在キャバクラ等で遊んでいて夢を見ていたい方には観覧をお勧めしません。(夢がブチ壊れますw) 観覧はあくまで個人の判断の元にお願いします。

☆左飾り
★日付
2017/01/23
☆右飾り
一ヶ月近くの休暇をとったというのにアッと言う間に過ぎてしまった...

その間、いろいろと夜系の仕事の事も調べたけど....
やっぱ、地元はダメダメだぁね・・・。

まぁず、繁華街が小さすぎるので、店舗数が少なく地元地域密着型なんで、
余計に、その地域共通の夜常識振りかざしてる傾向があると思うんで、
恐らく何処行っても似たり寄ったりだと思うわ.....

やっぱり、同じ神奈川でも東京より方面に
近い街の方に出て行かないと、どうにもこうにも、
ままならないと思うわ〜....(´Д`)

というかさ〜、
そもそも神奈川でも、募集だけじゃなくて、
そっちよりの店舗の情報とかいろいろ調べると、
自分の形態にあった所っていっぱいあんのよね〜

今のご時世は、若いホステスは会話が出来ないからつまらない...
というお客さんも増えてきてるからこそ、30代40代の
ホステスが勢力を上げてきてるのよね。

そのせいか、他の地域行くと、今時は、熟キャバってかなりあるのよ。
(募集も、通常キャバと同等くらいと言ってもイイほどたくさんある)

40代つったって、たしかに今は、芸能人張りに
見た目若くて綺麗なのもいっぱいいるからね〜。

そういう時代なんだから、アタシも、今の地元の店で
とどまってるべきじゃないわッとか思ったりすんのよねw
せっかくスキルもあるわけだしね〜....

ホンマ、今の時代は、年齢行っても女だったら
容姿磨いてナイトワークで万々歳よ....(-▽-)フフフ

ホンットキャバ情報検索すると熟キャバ多いのよ、マジで。

しかもさぁ〜
地元の店の方が、普通のキャバなのに、なんかこう、
改装も何年もしてない所とか多いから、寂れた雰囲気とか古臭い所とか多くて、
それこそ「熟女キャバ?(笑)」的なイメージのところ多いんだけどさ〜wwww

街を変えると、熟キャバでも、都会的でめっちゃ綺麗な店とかもたくさんあるわ。

更に、そういう店舗グループのサイトとか見てもさ〜
「夜の常識」を振りかざす夜業界の在り方を覆して、
店のシステムをキャストにとって快適な形として考えてる所も結構あるし、
男子スタッフの在り方や対応も試行錯誤されてるっぽい感じで、
素晴らしく徹底してたりする所もあるのよね〜


しかも、もう少し東京方面に寄っていくと、今キャバクラ派遣なんてあんのよね。
(....恐らく何処のキャバも人材不足なんだろう......)

つまり、コンパニオンと同じく、登録性で、
人手が足りないキャバクラに期間決めてキャスト派遣するみたいな感じ。
だから、営業も何もしなくていいし、常に固定の時給で貰えるらしいのよね。


ほんといろいろ調べてると、いろんなのがあるから、
マジで、今の街出ちゃった方がいいのはこの上ないw

夜の仕事も、適当に気楽にやりたいならキャバ派遣だのみたいな形態もあるし、
ホステススキルを伸ばしたいと思うのなら、様々な形態の店があるから、
自分の在り方に合う店...ってのも見つけやすいとは思う面もあると思うわけ。

だけど、いかんせん、地元は、変に地域密着してる特殊な小さい街で、
繁華街も小さいからこそ、その枠の中に縛られた選択しか出来ない。
ほんっとこっちって視野が狭くなりがちなのよね...。

あたしが、今の店がどうこう....とか言ってるのも、
そもそも本来は、その基準で考えてるからこそなわけよ。

まぁ、このまま地元にいるなら、妥協するべきかもだけど、
そもそも、その「視野が狭い範囲の夜常識」に囚われるべきではないと思ってるのよね。
だから、店がいい加減だったりとかで、キチンとしてないと、どんどん嫌気がさしてくるんだと思うわ。

大体、アタシが27歳の時に東京に出てった理由...
それも、この「視野の狭さ」が主な理由で、
それが都会に出て行く原動力になってたようなもんだからね。

そして10年後....
状況の悪化で、止む終えずこっち戻ってた来た時には再びまた、
つくづくこの「視野の狭さ」という在り方に嫌気がさしてた。



だから今更というか、もう地元にいるとこう・・・
ってのは、わかっちゃいる亊なんだけど。
それでも、そのまま、今まで変にのんびりして落ち着いちゃってたわけで。

というのも、考えてみれば....
あの頃と今では自分の意識が違うんだって思った。

5、6年前は、もう人生最大の超波乱の出来亊が
数年ずっと続いてた後だったからね〜....

だから、以前のアタシは、もう静かにしてたかったのよ。

当時の消しちゃったブログでもよく書いてたけど
「もう嫌だ、波乱万丈の人生はもうこりごり」とかつくづく思って、
もう静かに生きたい....落ち着いて一つの場所に留まりたい...
っていうのが一番の願いだったのよね。

まぁ、東京で全て賭けて10年続けてやってた亊が
一夜にしてダメになって終わり、その後は、その責任問題の
しわ寄せが一気に来た感じで、更に元旦那との泥沼離婚の際の争い....
そういった人生の総決算が続いてた時期の後に、やっと
平和になった後だったから、かなり疲れてたからな〜....

なんか、5年前くらいまでは、なんかもうアタシ死にそうだったからねw
死にそうというか、生きていくのにこんな苦痛ばかりとか、
何かを賭けて頑張ってたのに頑張ってたって何もいい亊なんてなかった...
とか、自分の人生に矛盾を感じてたし、こんな苦痛ばかり味わうなら
サッサと死んだほうがラクじゃねぇかとか思ってたw
 
ま、それはそうだし、今でもそれは、そう思うけどw
けど、「まぁ、人生ってそういうもんだから」って受け入れてるというか。
それまでは、ずっと低迷してて、そういう亊を
自分の中に受け入れるまでの過程だったと言えるわ。

平和に何も考えずに生きたい...という願いの通り、
その後はニートのゲーマーになってのんびりと過ごしたりとw

この期間、相当な額の貯蓄減ったけどねw
ま、それも一つの選択で、架空現実では、
人間関係やらもいろいろあって楽しかったけどw

そして、金がやべぇといいつつ、働き出したのが2年前とw
その後、今の店に居心地の良さを感じ、そのまま2年間、
マッタリのんびり仕事してた...っていう流れ。

その間、元彼と付き合って1年近くは過ごしたけど、
それで、ブログ読んできてる方はご存知のとおり、
男関係でもまたさんざんな目にあったりもしたとw

でも、そういうので、今までの人生を振り返って、
改めて自分の考え方を見直したり、思考が何か変化したり、
そんなふうに学んだ事もある。

そういう意味では、その付き合いも、その為にあったのかもしれない...
とも思えるので、決して無駄ではなかったと思えるのよね。
人生無駄なし!!!とはよく言ったもんよw



んで、今のアタシは、5年前の自分に比べて
いつの間になんか元気が出てきたというか...

強いて言えば、東京にいた頃のようなガンガンやってた
自信満々だった自分の意識に似てきてて、だから
ヤンキー気質が出てきたり、イライラして
オラオラ系になってるんじゃないかとさえ思うわw

まぁ、もしかしたら、アタシは、
過去の波乱の時期の大きな失敗の出来亊から、
ずっと自分の自信を喪失してたのかもしれんなぁ....

....要はさ。
数年前、超波乱な人生の後、自分がしばらく病んでた....
としたら、今は治ってきたかじゃないかとw
(だから、ヤンキー気質に戻って元気になったとかw)

そうも思えるのよね〜w


んだからこそ、ムジムジしてんのよね〜....。
そろそろ動き出さねぇと!!!!みたいなさぁw

しかし、そういいつつ、いかんせん、
湯水のようなダラダラに使って抜け出せねぇwww

ってか、それもこれも、むざむざ
抜け出す理由がなかったから、今までw

つまり、ダラダラと適当にしててラクに働けてた
今の店に依存してた...って亊も、動かなかった
一つの原因と言えるかもしれないとも思うのよ。

だから、少しずつ、気つけ薬みたいな出来亊が起こるのかもな〜
元彼の亊とかもそうだったんだろうと思えるしさ〜w

そして、平和な店の環境をブチ壊す、
今の糞女が現れた亊では今度は
「アタシの湯水の環境を汚すゴキブリだぁ!ヽ(`Д´)ノ」
「もう辞めたるわッッッ!こんな店!!!!」
とのごとく、イライラしてっけど。
これも、考えようによっては、次のステップを
踏む為の運命なんじゃないかとw

だからこそ、店の環境が悪くなるたび、
(変な子達ばっか入って来てるしw)
それらの亊あわせて
「そろそろ潮時なのかもな....」
と思ったりするって亊なのよね。





しかし、いかんせん、そういった亊を行動に移すも、
不安の種といえば、そもそも夜の業界が環境が悪い事だわ....

これは精神的な面ではなくて、実質的な問題、
つまりその後の街を移動した後の生活に繋がる事だからねぇ....

この夜業界の環境の悪さというのは、アタシがずっと
ちまたのキャバクラ業界の情勢を探ってきた上では、
もう長年にかけて、
「ホンットどうしようもないもんだわな....
なんとかしてくんねぇかな....」
と思ってきたけどさぁ....

まぁ、それでも、今は全体的にいろいろと
うるさくなってる部分あるから、夜業界も、
少しずつは環境が改善されつつある....
みたいな情報はあるんだけどね。

....じゃねぇとあまりにもアコギ過ぎて
誰もホステスなんかしなくなっちまうよw


ま、知らない人の為に解説的なうんちく書いておくと。

夜業界って大抵が違法な罰金システムで成り立ってて、
過度な徴収とかで実際の募集の給与とは全然違う...
なんていうのなんて「夜常識」ならあたり前...
なんていうのが、全国の夜業界の実態なのよ。

客で通ってる人達は、さぞ金貰ってると思ってるだろうから、
ホステスにも厳しく当たるんだろうと思うけどさぁ。
今の時代は違法システムやらで徴収が相当酷いから、
もうバブルみたいにお気楽に稼げるって仕事じゃねぇよ?

どこの地域の募集でも、キャバクラなんぞ、
さぞいい時給出してるけど、実際に募集で出してる時給ってのは、
「時給UPシステムだから、そのくらい稼いでる人もいる」
っていう事での金額出してるのが大抵。
だから、募集で出てる時給なんて絶対にそのまま貰えない。

募集に書いてある時給から、正式な時間給を
おおよその換算で出すとすれば、募集に出てる時給から、
30%〜40%くらい引いた時給だとして
判断してた方が妥当って感じよ。
(面接時正しい金額を聞く時は
 "最低時給はいくらなんですか?”と聞くのが正解。)

時給UPすれば問題ないと考えるとしても、それがなかなか
過酷なシステムだから、大抵指名や同伴の強制日や
売上ノルマがあったりして、それこなせないと
罰金引かれたりするから実際そんな稼げないんだよね。

下手すりゃ、様々な徴収で、時給に換算すると1000円くらいしか
貰えてなかったりするって事もあるのよ。
(もっと酷い事例もたくさんある)

それだけ稼げてるのは一部のナンバーの子達くらいよ。

そのシステムを突っ込むと捻じ曲げた理屈で、
うまく隠蔽したり引っかからないようにしてるだけで、
実際は、違法満載。

そして、夜系の男子達は、あたかもそれが正論のように
威風堂々と"そういうものだよ"と口を揃えて言うのよw
(いや、そういうものだよっつったって....w
 一般常識違うからw 単なる捻じ曲げ論じゃねぇかw)

んでも、ホステスなんてやる若い子達、一般社会知らないからね〜w
そゆ法律無視した、おかしな夜業界の在り方を、
あたかも一般常識のように平然と振りかざされると
「そういうものなのか....( ´Д`)」
と信じ込まされて洗脳されていくわけよw
(おバカちゃんだからねぇ〜w)

まぁ、それが解ってるアタシだって心の中じゃ
「何言ってやがるんだw」とか思いつつも、
そもそも、後ろに闇社会の人達がかかってたりすると、
法的に動いたって大抵その力でうやむやにされてしまうのが
常だから、個人の力じゃどうにもこうにもいかないからね〜

そもそもグレーライン業界だから、大抵は、一般社会の在り方
というよりも、闇社会よりの所の方が多い業界だからね。

そういう意味でも、今の店は、そういう世界の人達には
今まで極力かからずにやって来たっていう店だから、
だからある意味、アットホームな雰囲気なのよ。
(そういう点ではいい所なんだけどね〜^^;
 けど、所詮グレーラインの世界だから、闇社会と関わってなくても
 グレーの人達は、結局、いい加減な人達って亊なのよねぇ〜w)


だから、ちまたでは、みんな、
例えやめる時にお給料が貰えなかったとしても
あるいは、入る時に言われたシステムとは話が違って、
結果的な微々たる時間給しか貰えなかったとしても、
みんな「夜ってそういうものだから仕方ない」で言われてきて、
そうやって若いホステスの子達もみんな口をつぐんできちゃってるのよね。

それがこの業界の実態よ。
誰かなんとかしてくれよってなもんでw

アタシはこの仕事は好きなんだけど、
業界が余りにアコギ過ぎるから嫌になんのよね....。
(ほらぁ〜そもそもアタシって本来真面目気質じゃん〜?w(-▽-)フフフ)


....だいたいさぁ〜
人生を熟知した年増のアタシから言わせるとさぁ〜w
男が汚い手口で、女の能力を都合よく使って
安上がりで働かせて徴収してるって感じでズリィのよッヽ(`Д´)ノ
女の能力にぶら下がった守銭奴達めッッッ!ヽ(`Д´)ノ

ま、エラそうな亊言うなら、自分で起業しろ?ってかw 
(↑突っ込まれるだろう言葉も先に言うああいえばこういう女w)

いぁいぁ....
アータ、このご時世会社なんて立ち上げたらそれそこ大変よ〜?w
(経験済みだからこそ言うw)

アタシはそんな大変な人生もうヤだし、責任もサラサラ持ちたくないんでw
男の下で使われて、男に責任持たせておいて、お気楽にワリのいい銭
稼いでる方が気楽なんでね〜w(-▽-)フフフ

つかさ〜女っつう生き物っつうのは、生物学的な所から言ったって、
本来責任持つのが嫌いな体質で、人にやらせて、都合よく
そこにのっかるってな本能で出来てる動物なのよ〜w
けどね〜これも一つの女性の能力ってやつでさ〜w
"自分で動かずに、悪知恵で、周りの人を動かす能力"
ってみたいなもんで、これは、まぁ、どこぞの
頭のいい社長さんがやってるのと同じ能力なのよね〜w

ちまたの学説的に言っても、男より女の方が
脳の作りも優れて出来てるって言われてんのよw
....ただ、怠け者の性質なだけでw

まぁさぁ〜
アタシもうんちくかんちくすぐ理屈言うから
男にも煙たがられるってのはじゅうじゅう解っちゃいるんだけど、
ただ、自分に損失がある亊となると、そうそう自己犠牲してまで
黙ってるわけにはいかないからね〜(-▽-)w




そういや、音楽業界時代も、アタシは手前上では、
わかんない顔して、横で単に(・▽・)ってな感じで
シレッとしてたんだけどさ〜w

けど、実は、元旦那に裏側で悪知恵いろいろ吹き込んで
元旦那にいろいろ立ち周りさせてたようなもんでさ〜w

会社やる前の単なるアーティストの立場だっただけの時も、
スカウト貰った数々の中小企業のレーベルに対して、
業界知識持ち合わせてうんちく言ってたり、突っ込んでたりしてると、
(別に喧嘩売ってたわけじゃないけど、わからんから、
システムとかあれこれ聞いたり、こっちの希望とか言ってただけw)
しまいにはイライラされて
「.....だったら自分でやったらぁ〜?」
とはよく言われたのよね〜w

(勿論、交渉とかの言う役割は、元旦那に任せてたわけだけど、
そもそもアタシがその前に「会社つうのはこういうもんだから、
交渉の時はああいえこういえ」とか吹き込んでたので、
そう言われてると、一緒に腹が立ったというわけw)


まぁ、後には実際自分達でレコード会社立ち上げたけどさ〜w

けど、それ以前は、こっちは謙虚な姿勢でいたつもりだから
なんで、スカウトしてくんのは、いつも向こうなのに、
話しに行くとすぐそういう亊ばっか言われる亊多かったから、
「なんで、てめぇらからスカウトしてきてるクセして何その態度ヽ(`Д´)ノ」
と思って二人して悩んでたわ。

けど、後で自分達で会社やってみてから、経営側の視点や
気持ちが解った亊で、その謎がとけたわw

つまりさぁ。
あたしらの場合は、アーティストの立場の癖に、
やたら業界知識つけてると思うから中小規模のレーベルくらいだと、
自分達側が立つ瀬がなくなっちゃって、不貞腐れるって亊なのよw



<▼ここで突然、音楽業界の裏側を語るw (話題逸れ注意w):

ちなみに、一般で言われるバンドマン・・・
つまり、大半の"アマチュアアーティスト"ってのは、社会さえ知らないガキが多くて、
音楽も趣味の延長みたいな意識でやってるのが多く、勿論、業界知識なんて
到底持ち合わせてない上、自覚なくビジネス意識・商業意識もないといった、
要は、ホステスとなんら変わらんのよw

けど、アタシや元旦那が業界知識に長けてた上で活動してたのは、
もともと元旦那が実際にメジャー業界で働いてたからってのが大きいのよね。
(※キング・クラウン・東芝EMI・東映等々のメジャーレコード会社や大手企業
の商品製作を請け負っているマルチメディア企業で勤務していた。
元旦那は、その中の音楽事業部で、レコーディングエンジニアをはじめとして、
サウンドディレクター、プロデューサー等の役割も立ち周りしていた)

アタシも、それ以前すでに業界の人とコネがあった上で、まぁ、ホント手伝い程度
だけどメジャー企業の企画に参加したりしてた経験も すでにあったりしてた上で、
そういった人から業界内部の亊もいろいろ教えて貰ってたし、更にその後も
元旦那が音楽業界で働いてから、元旦那と共に、その業界の中のしくみ、
企業同士が密接に絡んだ相関図、業界の中の各役職の立場の役割、
音楽商品が販売されるまでの段階、その作業工程や作業内容等までも、
それはもう事細かくいろいろ聞いてて、それで元旦那と同時に学んでったってわけですよ。

そういった知識をつけていった上で、もともとアタシが育った環境(事業家系)で、
自然と身につけている企業視点的な思考を持って、その業界内部の情勢から、
商業戦略や立ち周りの仕方等を考えたりしてたのを、元旦那に吹き込んで、
入れ知恵してたって亊よw

元旦那の方というのは、そのメジャーラインの業界で評価されていた
仕事の上での音楽技術や能力値を身につけてるといった、いわば職人タイプなんで、
戦略みたいなのを考えるのは苦手な人だったので、アタシの方が、
その役割を果たしていた感じ....といっても過言ではないと思うわ。

つまり、元旦那とアタシのコンビは、そういった感じだったので、
アーティストとして活動してた頃も、他社の中小企業レーベル
(インディーズレーベル)からのスカウトがあると、その自分達の知識や考え方を持って、
相手の会社規模では弱いシステム部分も突っ込んで聞いてしまう事になったりしたので、
それで嫌がられてた...みたいな事なのよね。

(大抵のアマチュアならおバカっちょなんで、"全国デビューだぁ〜やったぁ〜♪"
くらいで、無邪気に喜んでるだけで、それでノセられて企業側ばっかり
都合いいように言われ、作品の権利とかも殆ど持ってかれちゃうような
割が悪すぎる契約しちゃったりするのが大半w
んで、商業業界行って初めて、ビジネス意識を持った頃に、
過去に安売りした作品の事で後悔しても後の祭り....
みたいなパターンは、音楽業界の中ではあり過ぎるくらいあるあるなのよwww)


....まぁ、あたしらが突っ込んでるとか言い方はしてるけど、そうはいってもね。
一般社会の面接でもそうだけど給料はどんくらいとか、
どんな亊が出来るシステムがあるのか?とかは聞かないと
わかんないんだから、そういうの聞くのは当然っしょ...w

しかも、アーティストっていうのは、企業の社員のような雇用形態ではなく、
殆どは自分達の製作している商品の権利契約を結ぶ・・・・
つまり、インセンティブによる報酬形態みたいな提携契約になるんで、
当然、こっちのニーズや希望も伝えるのは当たり前なのよ。
参考記事:■音楽業界のしくみ/アーティストに関わる契約
(っても、アマチュアだと、そゆの解ってないアーティストばっかなんだけどw)

だから、その企業が出来る事やシステムを聞いたりするだけなんだけど、
結局は、なんだかんだ言ってると、向こうがこっちのニーズに応えられるだけの
規模がないから、ふて腐ってそういう事言うみたいな感じなだけなのよねw
つまり、「自分達でやったら〜?」と皮肉っぽく言われてる意味というのは
"自分達は、もうすでにインディーズレーベルが出来るだけの亊を
もう出来てるんだから、自分達で会社立ててやった方がいいよ"
って言われてたって亊なのよ。

ただ、そこで、なんか生意気だとか反感持たれるんだかしらんけど、
感情的に、言われ方が皮肉っぽい態度されるってのが殆どだったってなだけでw
そもそもインディーズ業界は、体育会系の男社会だからw


ま、そのへんの事も説明すると、実際、アタシと元旦那がやってた音楽は、
デジタル系サウンドだったから、レコーデイングシステムも必須な事で、
すでに自分達で数百万かけて、大手現場でのプロ用機材はある程度揃えてたし、
しかも業界のしくみ解ってるだけに、企業がやってくれなくても、
当時は自覚はなかったけど、自分達でも、そのくらいの基準では
もう十分出来る事だったのよね。

つまり、その頃はもうすでに、結局、小さい会社であれば
バックアップされても仕方ないというか、必要がなかったのよ。
結局、自分達が企業に求めてたのは、規模の大きな
宣伝による投資とか商品流通くらいなもんだったから。

つまりお金・・・・投資という事だから、ある程度金ある企業じゃないと無理なのよw
だから、自分達が求めてるニーズというのも、規模の大きい会社か、
あるいは、メジャー企業じゃないと無理な状態だったってわけw

しかも、大抵、中小企業って声かけて来る時は、なんか
過大広告みたいないい回しするから、規模がよくわからんのよ。
業界での打ち合わせってのも、大手でなければ、大抵は出先で
ファミレスとかでやったりする事も多いから、会社が見えるわけじゃねぇしね。
(だから、ハリボテ企業もたくさんある)

でも、当時は、そういう自分達の基準に気がつくまで、しばらく時間がかかってたって亊w
つまり、会社を立ち上げる前までは、自分達がすでにその基準まで出来てるとか、
さほど思ってなかったから、なんでちまたの企業がそういう事言うのか....
ってのが、当時はよく解ってなかったって亊なだけwww

だから
「メジャー企業のプロデューサーorメジャー業界の人」や、
あるいはインディーズ企業でも、
「その企業の社長自身が、メジャー業界で現にアーティストもやってる上で、
別途自分でレーベル会社も立ちあげてるって人」
とかだったら、みんな話がわかるし、めっちゃ対応優しかったんだけどね〜....w
いかんせん中小企業のレーベルにはイライラさせられたわ〜....


そんでも、その後、自分達で会社立ち上げてから
自社保有のメジャークオリティーのレコーディングシステムは勿論、
海外の格安プレス企業との提携、音楽ソフトの商品流通先も、
インディーズ全国流通販売網の卸売り企業・大手メジャー流通販売
(ビクターエンタテイメント系列)等の、各企業との提携を持てた事で、
個人事業とは言え、れっきとしたレコード会社としての運営が出来るようになったわけだけど。

(※ちなみに、こういった企業との提携の流れというのは....
まず、会社という立場で、自社所属アーティストの商品<原盤>を持って各企業にプレゼンし、
その企業の流通審査により、その商品を流通出来るかどうか...の合否が決まる。

インディーズ流通の場合はメジャーよりも比較的甘い方で、審査基準も、
商業ラインで定められている"商品規格による音質水準"さえ守っていれば審査クリア出来る。
つまり、その品質基準のレコーディングがされているかどうか・・・ってな事だけなのよ。
勿論、そういった機材をそれなりの品質で製作出来る、扱える技術がなければ、
宝の持ち腐れにはなる事の方が多いんだけどw その辺は、元旦那の
職務経歴による経験技術があったからという事よ。
なんで、あたしらの場合は、自社のプロクオリティーのレコーディングシステムで、
製作された原盤(契約時は自分達のユニットMINTの音源を持って行った)で、
なんなく流通審査OKだったわけ。
要は、その品質基準の商品製作が出来る会社という信頼で
「今後、自社の所属アーティストの商品に関しては全て全国流通出来ますよ」
といった流通契約を、会社として結べてたって事なのよ。

しかし、大手レコード会社から流通の場合、審査基準は高い。
商品の音質による品質水準はもう当然の事で、そこに付随して、
やはり、そのアーティスト自体の作品の質も求められるわけ。
メジャーレコード会社との提携した流れを思い出すと....
たしか、最初は、自社レコード会社のサイトで自分達のユニット"MINT"
の音源を聞いた、メジャーレコード会社(ビクター関連)の担当者の方が、
何か音源について問い合わせたかなんかしたんだったけな〜....

そんで、元旦那がアポとって、会社の立場で提携出来るか話しに行く
だのなんたら言ってて、六本木ヒルズに行ったのよw
その時の話は笑えるけど、ヒルズの前は、胴の長い車ばっかの行列で、
しかも歩いてるのは高そうなスーツ着たビジネスマンの群れ、その中に
俺だけ軽自動車で金髪だった!!!!とか武勇伝のように語ってたわw
なんだか当時、テレビに出てたソフトバンクだかのトップ5人だかの
誰だかがすっげぇ高そうなスーツ着て歩いてた・・・だの言ってたなw
そんでヒルズのビルの中に入る時、カード形式でうんたらとか、
それ持たされて会社の中入ったら、会社っていう感じじゃなくて、
なんだか空間が、庭園みたいだったとか、受付のねーちゃんの美貌レベルも
そこらへんのレベルでない、ハンパなかったとかwww
いやぁ〜、同じ音楽業界でも、てっぺんの方はもう規模が違うっつうアレねw

...まぁ、んな話はどうでもいんだけどw
そんで、自分達の音楽ユニット"MINT"の音源の原盤を持って
担当者の方に視聴して貰った上で、"MINT"に限っては、
商品発売の際にメジャー流通させてくれるという形になったと。
つまり、自分達のユニットがあった上で、メジャー流通審査を
クリア出来たから会社として提携出来る形になった....ってな亊なわけよ。
(つまり金の無い中小企業であっても、いいアーティストと契約出来ると、
このようなパターンで、会社としても更に規模を拡大出来る....
というのがこの業界の在り方なわけ。ま、完全なる能力業界だからね〜)

....で、後々、その他、自社と契約した各アーティスト達の商品に関しては
自社での商品製作<レコーディング・MIX・マスタリング>をする事が条件の上で、
(つまり、元旦那がレコーディングしたものというのが条件という事ね。
要は、商品製作において音質クオリティーによる技術的な信頼がある...という事)
その都度、出来上がった商品の原盤を、担当者の方が審査した上で、
流通出来るかどうかを決めるという亊だった。
つまり、メジャー流通の方は、各アーティストの商品毎に担当者へ斡旋し
要審査された上で、合否を決める....という形の提携だったという事ね。

ま、当然、メジャーはインディーズより、品質的な信頼や
アーティスト審査とかも厳しいという事なので....
自社と契約した他アーティストに関しては、メジャー流通(デビュー)の際に
要審査でメジャー流通、もし審査通らなくてダメだったとしても、
インディーズからの全国販売(デビュー)は出来ますよ〜・・・
といった感じの内容システムでやってた....というわけ。

ちなみに、音楽業界での契約というのは、殆どが権利契約なんだけれども。
この場合、自社は、流通先ともアーティスト側とも契約を結ぶわけですよ。
音楽業界の企業は、そのアーティストの作品を商品化し、流通・発売・販売
などなどをしてあげるかわりに、その商品の権利(売り上げ)を○○パーセント差し引く...
という形のロイヤリティとしてアーティストに支払うわけですよ。
各企業が、それぞれの割合に応じて取り分は○○%みたいになって、
商品の売り上げを、皆で振り分けるってな感じで各企業と契約を結ぶ在り方。
だからアーティストってのは、ビックリするくらい、少ないロイヤリティなんすよw
それでもインディーズ企業の場合、財力がない分、バックアップ出来る事も
限られてるので、アーティストへの配当は、互いの交渉の上で決められて、
まぁ、相場はあまり決まってないけど、大体が20%〜よくて40%とかね。
更に、大手メジャーなんてなると、CMだのの宣伝費とか様々な莫大な投資するし、
それだけたくさんの企業が絡むから、メジャーの新人アーティストの
「アーティスト印税」なんて1%くらいが相場っスねw
ま、でもアーティストでも作詞作曲とかやってる人は、個人的に
作詞作曲印税としてJASRACからも支払われるから、それで
曲使用料として大体3%〜7%くらいと言われてたわ。
ま、音楽業界ってのは、そんなふうに、いつもの企業が、蜘蛛の巣状のように
綿密に複雑に絡み合った"権利ビジネス業界"なのである...というわけですよw)

....まぁ、あたしらも会社やった後は、もう会社業務の方が優先されちゃったので、
自分達のアーティスト活動に関しては、もうマッタリとマイペースにやってきゃいいか....
みたいな状況手に入れたんで、、その後の活動はほぼ止まってた.....
というのが現実だったけどw

そんでも、その後は、アーティストの立場として、企業とは関わらなくて
済むようにはなったから、企業に上から姿勢で掛かられる事もなくなったけどねw
...つまり、アーティストってのは、ホステスと一緒で
徴収されまくった上で、企業からナメられてんのよw
ま、一攫千金で、ミリオン出せるくらい売れたら、
立場逆転ってなくらい相当強いけどね....w>





まぁ、ちっと灰色文字で業界違いのネタ入ってましたが...w

まぁ、このようにね〜
過去音楽業界時代にもそうだったように、あたしゃ以前から、
自分が今やってて興味がある分野の亊に関しては、
その業界の亊を模索する癖が未だにあるわけなのですよw

それを知れば知るほど、自分が誰かに使われている立場な上では、
腹正しく思う亊はわんさか出てくるわけよ。
(バカでいた方が利口とはよく言ったもんよ)

そんでも、音楽業界もお水業界も、なんとなく
芸能方面と共通してる部分もあるから、似たような部分あるわ・・・

つまり、どっちの業界も、使われてる側というのが、
一般社会の知識がない「バカ」が多くて、
使ってる側は、だからこそアコギな会社が多いというねw
(ただ、お水業界の方が、ヤクザ組織との絡みが強い分、
闇社会に近いというだけもっと厄介かもね...)


音楽業界時代に、アタシも会社やってたとは言え、
まぁ、それも責任は元旦那が抱える形だったけどさw (代表取締役)

そんでも元旦那も、世の中甘く考え過ぎだから、
何か発案しても、穴がありまくりで、もうあぶなっかしくて仕方ないんで、
途中からはもうアタシがああでねぇこうでねぇとシステムに突っ込んで
考案して正論でダメ押ししまくってた。

しかも、東京に居たころは、それなりに会社規模でやってる企業者の男友達とか、
地位の高い男性の知り合いとかなんかも居たけど、その人達からも
「みらいが社長やった方がいいんじゃないの〜」
とか言われてたくらいだわw
(それで元旦那が"どうせ俺は...."と不貞腐ってたw)

そもそも元旦那は無責任だし、社長向けタイプじゃなくて職人向けだったからねw

でもアタシは、そう言われても
「ぇえ〜やだぁ〜( ´Д`)
だって責任もつの大変だしめんどくさいしぃ〜(´Д`)」
とかいつも言ってたわwww


つか、例えアタシが、本当に経営に向いてるとしても、
なんで自由に生きれる女の立場で、そんなむざむざ
苦痛抱える道に行かにゃならんのだ...とか思ったしw

そもそも男は、そういう能力あるとか言われると、すぐ
そういう道に行きたがるんだろうけどさぁ〜w

アタシはそういう男の考え方からして理解不能なんだわw
もはや国家社会に洗脳されてるとしか思えんw

だいたい、経営なんて一攫千金の宝くじ当てるのと似たようなもんよw
(だから男は、賭け事精神があるヤツは、そういう考え方すんだろw)

それと比べたら、適当にやってたって、毎月決まった給料貰える
ってなサラリーの方が、よっぽど割がいいし気楽なのよ?w
もっといえば、状況によっては、バイトの方が割がいいって
選択も今の時代だったらあると思うわw
(...ブラック企業だらけの世の中だしねぇw)

まぁ、よっぽど安全で儲かる方法考案したなら、
自分でもやるかもしんねぇけど、今の時代、
欲出したって、そうそう世の中うまい話なんてねぇよw

一昔前はたしかに向上精神があるものが
勝ち組でなんたらって言われてたけどさぁ〜

もともと生まれ持って才能ある人なら努力せずとも、
自然にそうなってるだろうとは思うけど、今の時代は、
大抵が夢だの目標だの掲げたって、頑張れば頑張るほど
何故か何をとっても裏目に出るっていう時代なんよ?w

みんな、すでに そんなの感じ取ってると思うんだけどね...w

だから頑張らないで適当にやってた方が、
ある意味正解の時代なのよ。

...っつか、それはアタシが女だからそう考えるのかもしれんけどねw
(生物学的にも、なまけものの生き物だからw)

そもそも、今更苦労すんのもうめんどくせぇわw
もうおばあちゃんだしさぁ〜w(←出た。都合のいい時だけ年寄り化)

好きな亊やって適当に心豊かに生きてる方が精神的な面では
ずっと幸せなんじゃねぇかとアタシは思うんだけどもw

ゆる〜く生きるの最高よ、アータ(-▽-)フフフ


まぁ、それにしたって霞食っては生きてはいけんw
...という亊で、とりあえず、環境変えるかどうしようと迷いつつ、
今の所は適当にやってもう少し金貯めてからの方がいいか...
とかしばらくは、ダラダラと悩み続けるであろう亊は予想される みらいなのであった〜w
(今日のワンコ♪ 風に終わるw)

posted at 2017/01/23 8:30:55 | lastupdate at 2017/01/23 15:24:44
左飾り   右飾り
☆修正/管理者用
Trackback URL : Copy


☆左飾り ★リボン真ん中飾り ☆右飾り
★みらいさしん
◆プロフィール(別窓)
◆みらい人生経歴-読み物(別窓)
◆Web History(別窓)
★ブログトップへ ★HOMEへ

★みらいさしん2

☆左飾り ☆右飾り

★みらい@うぇぶ
Design arrange and Oll picture MIRAI
☆擬似フレームレース右