★ゆいスクリプト-チェック

★みらいばなぁ〜

★左送り  2022 / 10  ★右送り
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
nothing | trackback
Total: 133867 / Yesterday: 016 / Today: 006

Sort

2013/02/16

心を偽る苦痛〜キャバが不向きの女

...まぁ、アタシも自分棚に上げて客観視して色々言ってますがw
でも、キャバ嬢やってた頃には、こんな事までは言えなかったw
その仕事やってるうちってのは立場的に、裏側なんてそこまで言えないし、
何処かで自分の仕事を良い方向で正当化しようとしてる心理もあって、
更に(客になるであろう)男性によく見られようとする心理も働きますから、
そこまでズバリとは言えないものなんですねぇw

まぁ、アタシの場合、いわゆる「やる気のないキャバ嬢」だったからこそ、
ここまで言えるのかもしれないけどw
...やる気のあるキャバ嬢の方はまた違った視点の方も多々いますw
//続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/18 5:23:01 lastupdate at 2019/06/18 1:48:59

☆修正/管理者用



キャバ嬢の裏側と本音

ちなみに、前回で説明してきた、キャバ嬢の給与システムに関しては、
勿論、アタシ自身入店時に説明されてた事なので納得してやってた事ではありますが...。

でも、最初に説明されたのは、美味しい報酬部分だけで、
ノルマや、そのペナによる罰金があると言うのは、一切説明されなかったのですわ。

まぁ、でも「都合悪い部分の後付け説明」なんてそんな業界ではよくある事だし、
その世界は法通ってない部分多々あるのも珍しくないからねぇ....^^;

だからこそ、そのシステムが解ってきてからは、余計、嫌になってったってのもあります。
//続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/17 21:57:07 lastupdate at 2019/06/18 2:02:47

☆修正/管理者用



下三角1 キャバの給与システムの話の前に...(とばしたい方は下へ) //続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/17 19:37:44 lastupdate at 2019/06/18 2:24:19

☆修正/管理者用



男性従業員の矛盾

(前回の続きから)
キャバクラを辞めた後、自分でも何が原因で辞めたのかっていうのは、
頭がゴチャゴチャしててハッキリしてなくて、しばらくの間色々グルグルと考えてました...^^;
勿論、客層の事もものすごく嫌だったんだけど、
それ以外の様々な外的要因もたくさん絡んでたので....。

でも、昔々お水やってた頃なら、水商売業界の事なんて
ある程度解ってるから、こんなにグルグル考える事もなかった。
つまり時代が違う事で、水商売業界の在り方自体が
全然違ってるんで、いろんな事がもう「?????」なんですわ・・・。
//続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/17 19:24:32 lastupdate at 2019/06/18 2:29:42

☆修正/管理者用

posted at 2013/06/16 6:54:30 lastupdate at 2019/06/18 2:32:05

☆修正/管理者用



エゴが渦巻く世界

ホステスなんてやってると、
「日頃の様々なストレスをホステスにぶつけて楽しんでいる嫌な客」
というのもたくさん垣間見る事にもなります。

っても、過去10代の頃にすでにお水経験をしてた上で、
この仕事はそういうもんと言うのは、すでにわかっちゃいた。

「ホステスは男から女性として...
いや、人としての尊厳を尊重されない」なんて事は
わかってて、覚悟してやった筈なのに。

あからさまではなくても、ホステスを卑下した意識で接して来る
客の裏側の意識や皮肉というのを、客のちょっとした言動から、
即座に読み取ってしまい、もうイライラするわ、ストレスたまりまくるわ^^;
//続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/16 6:01:04 lastupdate at 2019/06/18 2:34:56

☆修正/管理者用



そしてキャバクラへ...

...その後、アタシは、キャバクラに行ったわけですが。

まぁ、実は、前記事の変なスナックでウダウダしてた時期、
チャッカリとネットでお水の求人関係のサイトで、
「自分の写真とPR登録しておくと企業から声がかかる」
とかいうシステムにシッカリ登録しておいたら、
地元の駅周りのキャバ経営者の人から声がかかったわけですわ。

ヘンなスナックにハマってたアタシからすれば、
もう救世主〜みたいな感じだったわ...w
//続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/16 1:26:38 lastupdate at 2019/06/18 3:30:54

☆修正/管理者用



腹黒いママのスナックに引っかかった話

...アタシは離婚後(2011年以降)、十数年ぶりにお水業界に出戻りキャバ嬢をやった。
...まずは、キャバクラに行く事になったきっかけから書いていこうと思う。

当時はちょうど離婚したばかりの時期だった。
【ブログ内記事】元旦那との離婚過程

それ以前に勤めていた家系経営のホテルの仕事では叔父が寮を貸してくれてたが、
ホテルを辞めた後、引っ越して今のマンションを借りたばかりの頃だった。
現在は相方と住んでるけど、当時は、まだ一人住まい。
離婚後しばらくの期間も、元旦那との様々なトラブルが続いていた事により
余分な出費が続き、今後の生活の事にあせっていたのもあって
時給が良く、手っ取り早くお金になる、お水の仕事の復帰を決めたわけです。

自分は、若い頃に17歳〜26歳くらいまでお水経験があり、
その業種も、コンパニオン・クラブ・スナック・パブ等...と経歴はありました。

26歳後の時代は、東京に出て行きましたが、
東京では、音楽の方面を目指していた為、
お水は短期のバイト程度で、あえて深入りせず、
そのまま、お水業界とは完全に遠のき音楽業界に居た。
なので、水商売は軽く10年以上のブランクがあった上で
お水の仕事に出戻る事になったわけです。

当然、水商売の感覚も全く忘れてしまっている上、当時とは相当時代も違う。
まぁ、芸能活動をしていたお陰で、見た目年齢はなんとか保っていたものの、
実年齢問われる部分は絶対にあるだろうなとは思ったので、
キャバクラは無理だろうと、最初はスナック選んで面接に行ったわけで。

しかし....
そのお店は、ママの性格にちょいと問題がある店だった^^;
//続きを読む★続きを読む
posted at 2013/06/15 23:20:14 lastupdate at 2021/12/06 22:33:19

☆修正/管理者用


★ブログトップへ ★HOMEへ

★みらいさしん★

☆ハート プロフィール(別窓)
☆ハート みらい人生経歴-読み物(別窓)
☆ハート Web History(別窓)


※more..



reload

pplog2 by Rocomotion/スクリプト配布元

★みらい@うぇぶ
Design arrange and Oll picture MIRAI