★チェック ☆擬似フレームレース左
★みらいばなぁ
 

●このページへ直接来た方へ - ご注意 -
ここは「ネト充@みらい」の個人プライベートブログであり、ホステスとしてのブログではありません。
ブログ内はテーマ別にカテゴリ分けしており、ここはその中の「ホステス復活日記」カテゴリ内記事です。
内容は、現在副業的にやっているホステスの仕事について、プライベート視点で本音ブチかましつつストレス解消&考察してる趣向の為w、現在キャバクラ等で遊んでいて夢を見ていたい方には観覧をお勧めしません。(夢がブチ壊れますw) 観覧はあくまで個人の判断の元にお願いします。

☆左飾り
★日付
2017/03/22
☆右飾り
とにかく、以前のトラブルメーカー問題については、
そんな感じの流れがあって、今では穏便に...というか、
アタシ自身は、ミヤ自体、全く問題点ではなくなっている。

ただ、ミヤ関連の女の子同士のどうこうは、
一見はなくなったかのように思うけど、最近の冬美ちゃんの話では、
なんだかそうじゃないらしく、リョウコちゃんとミヤが未だ、
影でどうこうやってるみたいな事も聞いたし、冬美ちゃんも
自分の指名客が、ミヤに色目を使われただのなんだの言ってて、
なんだか疑心がある部分もあるようだ。

...ただ、真相はわからん。
というか、アタシゃ、もう人の亊まで関わり合いたくないし、コリゴリしたし、
もう何かあればアタシはアタシで行動するのみと思ってるわ。

まぁ、たしかにミヤがしでかした亊は問題とは思うわ。
思想が幼稚すぎるだけに始末悪いね。

けど、そんなんそもそも、店が誰の客とかの管理を
キチンとしてくれてさえいれば、別に問題ない事なのよね。

アタシ自身は、ミヤ自体を分析した上では、腹も立たんというか...。
仮に、ミヤがプライド出してきても、ただの感違い思想が解るだけに、
(だって余裕もない上、頭悪いって一目瞭然だろ^^;)
マトモに相手にするべき人物ではない上、例えば、
接客上での場面でも上手くのせときゃ扱いようはある上、
余分な事は、なぁなぁにしてスルーする事も簡単に出来る女だと思うんだけどねぇ....w
<子供と一緒だからw>

だから、なんでリョウコちゃん、そんなムキになって気にして、
マトモにやりあおうとするのかな〜とか思ってたけど。
まぁ....ミヤのプライドからの威嚇にのっかっちゃうって事は、
リョウコちゃんも同じ基準なのかなと(汗)
....そう思わざるおえないのよね。


....ってかね。
現在は、アタシ自身の視点で、ミヤの事を分析した上で、
過去の事と照らし合わせてみると、全く別の視点で見えてきた事もあったのよね....。

ってか、あの件の始まりは、アタシの指名客
「つよしくん」に対して、ミヤが営業してたって亊から始まったわけで....。
でも、今となって考えると、それについては、ミヤが悪気でやったのか
どうなのかは....定かではないと思うのよ。

むしろ、あの頃の様々なミヤの反応とか動きを思い出してみると....
あたしの客の問題については、ミヤは本当に解らなかったから
営業しちゃっただけの事なんじゃないか....とも思うんだわ。

だいたいさぁ。
たしかに、今の店は、いちいち誰の客とか説明しない時もあるし、
なので解らなくて営業してしまう新人も今までたくさん居たからね....。




これはキャバクラをあまり知らない人に解りやすく書くけど。

そもそも一般的なキャバだったら、大抵ボーイが何人もいるから、
ちゃんと席まで案内して、その間に客席の説明するのよ。
以前のキャバも、一般的なキャバクラの在り方そのままだったわ。

ネットでも大抵は、そういう流れというのは、
一般的なキャバクラの在り方として常識的な範囲。

キャバ嬢は待機からボーイに呼ばれ、客席まで案内されつつ、
その移動中に「あれは誰の客だから」とか「みらい、あの席はヘルプね」とか
「フリーだから。ドリンク必ず頼めよ」とかなんとか説明されるわけ。

(※今の店はマイクで呼ばれて、何番テーブルに行ってとか言われて自分で行く。
だけど、その客がフリーなのか、誰かの指名客なのか何も言わない。
例え、自分を指名して入ってきたとしても、それ言わないから、
お客さんが飛び込みで来て、初指名してくれた事も気が付かない。)

そして、フリー客の席なら、女の子が15分から20分くらいついて、
その後、他の子にチェンジ...という感じで、女の子がクルクルと交代する。
(これも今の店と違う。今の店は最初についた子がその客帰るまで担当)
「場内指名
(※このまま席に居ていいと客が言う。
客は場内するとその時点から場内指名料発生)」
されない限りは、15〜20分毎にクルクル女の子がチェンジするのよ。

そのチェンジの時も、ボーイがそばまで来て「みらいちゃん!」と呼ぶから、
それでお客さんに「ごちそうさまでした〜^^/」とか挨拶して離席、
そのままボーイに連れられて、次の席に移動....みたいな流れよ。

キャバは時間制でお客に料金発生するので、制限時間になったら、
ボーイが席まで来て「お時間です」とか言うし、女の子は
そのタイミングで「帰らないでー」とかなんとか延長交渉するだけ。
<なので、店側は人気のある子を最後につけたり、
延長率が高い子を最後につけたりするらしい>

延長しない場合はボーイが会計の伝票持ってきて、
客が最後出口で金払うみたいなね。

(今の店は、マイクで各自の制限時間の案内され、
前払い制なので、女の子が延長交渉と会計もして、
カウンターの所まで持っていく)


つまり、一般キャバだったら、女の子の席移動に短時間毎に動きがあって、
その都度、ボーイが案内と説明指示するから、ボーイもぞろぞろいるのよ。

とにかく、全ての事は全部ボーイが、シッカリ管理するから、
女の子は、今の店程、そこまでやらなくていい、考えなくていい...って感じなのよね。

だから、そういう一般的なキャバの経験がある子なら、
むしろ、その一般的なキャバクラのシステムが癖づいてるからこそ、
今の店の「全てマイク案内、会計も女の子がやる」というシステムに慣れるまでは、
マイク案内なんて聞く癖なんて、まるでついてないし、(しかも聞き取りづらい)
何も説明されずに席につけば、フリーなのかヘルプなのかなんて、
最初は、全くわかんないの当たり前なのよね。

だって、アタシが入ってきた時そうだったから。
特に、このマイク案内が慣れないし、聞き取りづらいからうざくて、
呼ばれてもボーッとして気が付かない亊たくさんあった。
マイク指示を気にするようになってからは、聞き取りずらい分、
時間の経過と共にそろそろかな....とか気にしてないと聞き逃すから、
「ここって、お客さんとの会話に集中出来ない...」
とか思ってちっとイライラしたくらいよ。
(ま、今は慣れたけど、でも未だ聞き取りづらさのストレスは相変わらずあるわ)

しかも、誰の指名とかフリーとか殆ど言ってくれないから、
間違えて他の子の指名客に営業しちゃったら嫌だし、ほんっっっっと困ったわ....
マジで超能力使えとでも要求されてる気分だった。

まぁ、今は、もう長い事いるからこそ、各客で覚えて、
あれが誰の客で...とか判断してるけどさぁ。
新人なんてそんなのわかるわけないからね....

そういう一般的なキャバと、今の店のシステムの違いって言うのは、
男子わかってんのかしら?....そのへんはよく知らんけどさぁ....

最初の頃、店長が
「昔は女の子達が人の客とったとられたって言うのが酷かった、
別に感情入ってないんだから、いいじゃねぇかと思うんだよなー」
とかブツブツ言ってたけど、昔は、それでノルマや罰金あったわけだから、
そら女の子からすれば、自分の成績と収入に関わるからキリキリするの当然だし、
女の子同士がとったとられたってなるのも、それは女の子達のせいではなくて、
管理システムに、穴があるからだったんじゃないの?
とか、今だとつくづく思うわ・・・。

....長年やっててそういう事に気がつかないのかな....。
それともこの店って、女の子の話は聞いてるようでいて、
実は、男子主観よりで、ちっとも理解はないんじゃないか?って思うわ。
女の子で成り立ってるビジネスなんだから、その声を聞かないと、
こういう経営なんて、うまく出来ないと思うんだけどね?????


以前、ミヤの件で店長と話してた時、アタシが
「ミヤさん、東京でキャバやってたとか言ってるんだったら
人の客とかとっちゃいけない暗黙ルールとか解ってるはず。」
みたいな事を言ったら、店長が、
「過去にキャバの経験あるんだったら、誰の客か
解らなかったとしても、人の客かどうか気をつけるよ。
大体、そんな経歴なんていくらでも言えんじゃんよ。」
(つまり嘘だ)とか言ってたけど・・・。

まぁ、たしかにアタシは、誰のお客とか解らなくても、
間違わないようには、気をつけてたけど。

でもね〜....
それ単なる「周りに考慮するかしないかっていう性格の問題」だと思うのよね。

大体、キャバクラなんて、女同士が男の人気を競い合う職業なんだから、
誰もが「他の女の子のお客さんかどうか気をつけないと〜」なんて
考える子ばかりじゃないと思うけど....

特にミヤなんて人の客に手出す事なんて、なんとも思ってないんだから、
「別に関係ない、店が説明しないから悪い」
くらいで考えるに決まってるっしょ。
(アタシが間違えて何か変なふうに怒られたとしたら、
 やっぱりそう思っちゃうというか、なんか、ふて腐ってくるわよ)

人の事なんて関係ない、自分が汚い事してでもナンバーになる!!!!
とか思うのは、考え方によっては、やる気があってガツガツしてる子とも言えるのよね。
だけど、そういう子だらけになれば、商売もいい方向へ...と考えるかもだけど、
逆に、その管理のズサンさだったら、相当なしっちゃかめっちゃかになると思うわ。
それで、もっと環境がいい所に行けるような子は、すぐ辞めてっちゃうだろうね。

だからこそ、一般キャバは、キチッとその辺りが女の子に解るように
男子から説明したりするシステム固めてるんじゃないの?


とにかく、店側でキチンとそういう事を説明するべきだと思うのよね...。

でもね〜....今の店じゃ無理だね。
大体、今の店、男子が、部長、堀田くん(呼び込みとか主に外に出てる)
そして、店長(店内の管理、堀田くんもたまにボーイ)、しかいないから。

だから、店内の事は、店長一人が殆ど管理してる部分あるから、
やりきれてなくて、いろんな亊手抜きになってるのよ、あれ。

以前アタシが事務所で、部長に店長の苦情言った時の内容でも、
そういうネタがいっぱいあったわけじゃん。

だから、これって店長一人の責任でもなく、これはもう、
店が現状そういう状況だから....そして、システムがズサンだから
そうなってくるのもある....っていう事だと思うのよね。

まぁ、システム的に言えば、いい環境とは言えないよね....

ちなみに、こういった事に最近、どんどん不満が出てきてるのも、
去年くらいから現状まで、様々な店のシステムの穴....という事が
どんどん浮彫りにされてきてる現象が相次いでいるからなのよ。
それで、金銭面の実質的な部分までに影響してきてる事になってるのよね。

....ま、それはこのネタ終わった後にも詳しく書くけど。





まぁ、その現状の問題の件については、
このネタが終わったら書くつもりだったけど。

....とりあえず、ミヤの件についてのまとめネタに戻るわwwww
(要は、もう通り過ぎた事なので、文章が今の事にそれがちで、まとめにくくなってるというw)

ちなみに、これは今年あたしが店に出勤した後に知った亊だけど。
ある日、ミヤの指名客のヘルプについたのよ。

したら、その客との話で、ミヤとの馴れ初めみたいな話になって。
その客は、なんか隣の県から来てると言ってて、
「えー、なんでそんな遠くから〜」
みたいな流れで、話してたら
「ミヤちゃんは、この店以前の知り合いで〜」
とか言ってるんで、えーどういう?って聞いたら、
「10年くらい前に、ミヤちゃんが東京新宿のキャバクラに
 居た時に指名してて、それで知り合ってるんだよ」
とか言ってたのよ。

で、10年前、ミヤは、結婚したから、東京のキャバクラを辞めて、
それからはもうずっと連絡しあってなかったらしいんだけど、
今回、またキャバで働いたからと連絡来たから、それで来てるとか。
だから、ミヤが結婚してるとか子供がいる事も知ってるんだよ、とか言ってて。

それであたしも
"へぇ〜....本当に東京のキャバにいたんだ"
と思ったのよね。

しかも、10年後も、結婚してるの知ってるのに、
隣の県からわざわざ何度も足運んでくれるなんて、いい客掴んでるじゃん。
とか思って、ある意味、関心した面があったわ。

たしかに以前のリョウコちゃんの話では、ミヤが影で店の亊
文句言ってた内容で「この店変な店!」とか、
店の事をバカにした文句みたいな事言ってた
という話を何度か聞いてたけど....

そのミヤの言葉からして、どうも何かと比較してるような発言だし、
他を知ってるような要素がある言葉だったから、あたしも、
「もしや本当に過去にキャバで働いてたのか?」
とか思った面もあって不透明だったんだけどさ....

まぁ、でも、人の客とろうとする行為は、本当に
プロ意識のあるキャバ嬢だったらプライドあるからしないだろうけどさぁ。
けど、そんなスゴイキャバ嬢も滅多に居ないし、あとは性格だと思うのよね。

大体、東京歌舞伎町あたりのキャバじゃ、ピンキリあるし、
むしろ、こっちより数倍ドロドロしてて、女の子同士が相当荒んでる所も
たくさんあるわけだから、裏側でコソコソやるのも珍しくないのよね。


しかもよくよく考えると、あたしと同時期に、東京からこっち来てるんだよね、ミヤ。
つまり、ミヤとは、似たような状況がある部分のあるのよね....
そういう点で考えると、「東京に居たからこその心理」というのが、
アタシもなんとなく解るから、ミヤの心理も分析しやすいのよ。

まぁ、アタシは、東京に居た頃は、夜の方はすでに上がってたけど、
東京行ったばかりの時期は、1年弱程は目黒のパプクラブみたいな所に勤めてたし
それ以前にも、銀座のような高級店ではないけど、目黒のクラブとか
あと、あれはキャバクラになるのかな〜...なんか何処だったかもう忘れたけど、
何店舗かは、体験入店くらいは行ったりもしてたから。

当時は、あくまでも音楽がメインで考えてたから、
内部のシステムとか風習を感じ取った事で、本来の東京来た
目的から逸れていきそうな気がしたから、お水は、あくまでも
バイト感覚で考えて、どっぷりはしないと思った事で、結局、
パブクラブあたりの軽いバイト感覚で出来る所に落ち着いたんだけどね。

仕事探してた時期は、一緒に東京行った後輩と、
よく六本木や新宿のキャバのキャッチにあって、
(一人とか女だけで歩いてると、必ずお水の勧誘あってたからね〜
やっぱそっちの匂いプンプンだったんだろうね〜w)
それで、さんざ話とかも聞きに言ってたし、後にその子は、
六本木のキャバに行って本格的にやってて(No3だったらしい)
その後は、銀座のクラブに行ってたから、そういうシステムとか
内情的なものはよく聞いてたからね....雰囲気は掴んでる面はあるのよ。

(その子は客と結婚してからお水は辞めたけど、数年後
バツになってから、また銀座に出戻り、今も現役で銀座のクラブで働いてる)

まぁ、それも10〜15年以上も前の事だから、
その後はどんどん相当景気も落ちたし、今じゃ、東京だって、
客の金の使い方やらいろんな状況は違うだろうし、厳しいと思うけどね。
ミヤも10年前の感覚でいて、ブランクあって、しかも今の店は、
田舎の小さな繁華街なわけだから、それでも東京とは全く状況は違うから。
そんな違いとかも、わからんだろう。

大体、ミヤもキャバあがった後は、完全に主婦に落ち着いてたんだろう
と解るくらい、社会性ないから、そんな視点で考えてなさそうだからねw
だから頭悪いって言ってんのよw

だから、ミヤが本当に東京のキャバに居たのか....と解ってからは、
東京と地方、そして、その当時の時代との感覚の違いが解ってなくて、
何かもの言ってたんだな...というのが、今だとなんか心理が解るのよ。


それに、これも後に冬美ちゃんから聞いた話だけど。
以前に、ミヤが、冬美ちゃんに、リョウコちゃんの時の事件について、
なんだか言い訳じみた亊言ってたみたいで。

具体的には忘れたけど、ミヤが言うには、
なんだか、もともとは、部長に頼まれて今の店に来たんだけど?
(部長とどう知り合ったんだか?なんだかしらんが)
自分はお水自体が10年ブランクあって、しかももう年齢行ってるから、
キャバクラに務めるのも引け目感じるからとか、どうこう言ったらしいんだけど、
部長が
「大丈夫だよ〜。今のお店は年齢行ってる子もいっぱいいるから〜」
とか言われて、それで今の店に来たとか。

だから、そういうプレッシャーもあって、
自分ですごく緊張しちゃってどうこうとか?

まぁ、冬美ちゃんが言ってた言葉は忘れたけど、
要は、心情的に肩に力入れちゃって、てんぱっちゃってた....
って亊だと思うんだわ。

あたしも、冬美ちゃんからそれ聞いて、
「....まぁ、だからって、以前にあんな亊、やらかした理由にはなりませんからね〜....」
とは言ってて、冬美ちゃんは憎々しい言い方でw
「そうだよねぇ?!...そんなのただの言い訳じゃんっ?!」
とか言ってたけど。


でも、まぁ、共感はしないけど、なんとなくその心理は読めるのよ....

つまり、解りやすく言えば
久々にお水に復帰したから、ナメられないようにするあまり、
 肩に力入れて周りにてんぱっちゃって、攻撃的になってしまった

って亊だと思うのよね。

しかも、たまに新人でいたから。そういうババァw
昔それなりのお水の経験あって、ブランクあって入ってくる
年増女に限って、そういうのたまにいるのよね.....w
「私は昔こうこう!!!!今の若いのに負けられないわっ!!!
 大体、今の若い子は何っ! 私の実力見せたるわ!!!」
みたいな心理で、なんかやたら、偉そうに攻撃的意識ビンビンなのが解るのよねw

やだね〜ああいうババァになりたくないね〜とか思うわよw
アータね、ババァなんだからこそ、もっと社会性考えて、体験なら体験らしく、
周りに謙虚な態度(フリでいいんだからw)しなさいよ....みたいなw

まぁ、そのババァより、アタシの方が3つ4つくらい年上だったけどw
(でも、そのババァは、顔はおっかない顔した、あからさまなオバサンだったw)
それで、そのババァは、アタシの事は、その「今時の若いの」だと
思ってたらしく、なんかピリピリやって偉そうにしてたw
だから、なんだこのババァwwww とか思って放置して、
影で、冬美ちゃんとクスクス笑いながら陰口叩いてたわw




ま、でも、ミヤの場合は、プライド出してるのは、そことはまた違う部分もあるけどw
その意識ってのは「東京でやってた」というのが大きくて、
東京とこっちとの基準値の違いがあった上で、周りを低く見てる視点なわけ。
だけど、ブランクとか年齢というネックがある上でナメられないように、
そして、私はすごい!と見せたくて、てんぱっちゃってる・・・・
っていう意識がなのよw

まぁ、だからって、人の客とったろうとか、他人に攻撃的な
意識は出すのはどうかと思うけど、それは性格の問題という事でw

要は、アタシが「なんとなく解らなくもない」って言ってるのは、
アタシも「こっちは基準が低い」ってよくブログで文句言ってるように、
元々、東京にいた人からすると、やる気とか仕事意欲の意識の差ってのが
思いっきり解るんで、そこと比較しちゃうと、たしかにバカにしちゃって見てしまう面
....ってのもあんのよ(汗)

実際、あたしも東京からこっち来た時にそんなふうに思ってた。
....それは別の仕事してた時だけど。

なんか、こっちって、のんびり....というより、だらけてるというかw
しかも仕事が出来る、出来ないという基準値も東京と比較すると相当低いのよね(汗)
それが解るから、東京から戻ってきたばかり頃に仕事してた時、
なんか「なんなの?^^;」みたいに呆れる亊がたびたびあったから、
どっかでバカにしちゃって「アタシがやる気みせたるわ!!!!」みたいな感じになっててさぁ。

...けどね、不思議な事に、そうすると、こっちって何故か逆作用に働くのよね。
つまり、向こうでは評価される「意気込みとかやる気」の意識が、
何故か、こっちだと反感招くわけよ。

だから最初は、
「なんなの、こっちって!
 本当レベル低い!!!!基準低い!!!!
 こっちは、やる気出してるのに、そういう意気込みの人は煙たがられるってやつ?!!!!」
とか思ったりしてた。

....けどね〜。
しばらくこっちにいるうちに、なんとなく
「ぁあ.....こっちにはこっちの在り方ってあるんだな....」
と思ってきたのよ。

つまり、あくせくする亊なく、やる気も程々、キリキリせず、
マイペースで、ニコニコといつも笑顔で、のんび〜りマッタリしてる方が、
何か周りからも可愛がられるし、物事がうまく回るのよw

特に女は「出来る女」になっちゃいけないのよ。
東京とは違うから、評価されなくなるというかね。
.....そんな感覚があるわ。

そのうち、それに馴染んできたら、
「まぁ、東京基準に比べたら、たしかにラクだし、
 手抜きしても、それでおっけぃレベルだし、だから余分に疲れないし、
 心はのんびりして豊かになるから、これもこれでいい部分はあるかもな〜....」
とか思ってきたのよねw

しかし、反面、そういう風習に馴染めば馴染むほど、
「ぅうむ・・・
こんなにだらけていいものか...以前のあたしはどこいったw
つか、のんびりして平和だけど、やりがいというのは全くないなw」
とは思ったけど。

....まぁ、あくまでも感覚的なものだけどw
でも、これ元々東京にいて、こっちに来たって人達だと、
みんな「あるある^^;こっちってそうだよね^^;」とか思いっきり共感するのよw


つまり、アタシも、東京とこっちの差というのを知ってるから、
だから、ミヤがどういう意識でいたのか
(恐らく東京の頃と比較して、店をバカにしてて、店の女の子、
特にリョウコちゃんなんかをコバカにして見下してたんだろうwww)
それで、なんで、そんなになってたのか....とか、なんか解らなくもないってことなのよ。

ただ、だからってミヤには共感出来ないし、
そもそも東京にいた人間としての感覚で見ても、まぁ、たしかに、
ミヤは接客とか見てると、東京の空気感でやってるような所はあるんだけど、
アタシからすると、人間としての器的にも、仕事の姿勢も、見た目センス的にも、
向こうじゃ埋もれてるような、対した事ないレベルなのよね〜w

その程度の基準だからこそ、やたら攻撃的なプライド出すんだと思うわw

しかも、あたしは、いくらなんでもそんな事しないし〜w
ま、たしかにアタシも以前だったら、あまりにも基準値が違う事で、
バカにせざるおえなくなってしまう部分ってのは解らなくもないけど....
けど、アタシは、そういうのは表には出さんし、他人の仕事の邪魔はせんからねw
むしろ、アタシがやる気になると、自分でやろうとしないで、人にばっかり
やらせようとする人間がいっぱいいるから、当時、呆れてムカついたってだけでw


つづく。

posted at 2017/03/22 15:57:03 | lastupdate at 2017/05/29 18:56:02
左飾り   右飾り
☆修正/管理者用
Trackback URL : Copy


☆左飾り ★リボン真ん中飾り ☆右飾り
★みらいさしん2
◆プロフィール(別窓)
◆みらい人生経歴-読み物(別窓)
◆Web History(別窓)
★ブログトップへ ★HOMEへ

★みらいさしん

☆左飾り ☆右飾り

★みらい@うぇぶ
Design arrange and Oll picture MIRAI
☆擬似フレームレース右